本文へ移動

保温・保冷工事

保温・保冷工事

保温・保冷工事とは、配管やダクト等にグラスウール、ロックウール等の保温材料を取付ける事により断熱、結露防止、凍結防止を行うことで空調設備がその機能を十分に発揮できる様にする工事です。
保温工事を行うことによって、配管やダクトを通る冷暖房の熱や冷気、私たちの暮らしに必要な水道の冷たい水や温かいお湯、エアコンなどを快適に使うことが出来ます。
もし保温工事を施していなかった場合、配管やダクトを通る冷たい水と空気と外気温の温度差によって結露が発生します。この結露は天井の染み、配管などの劣化また水漏れの原因となるため建物の耐久性や保護の面でも保温工事が必要となります。
空気や水の温度を保つことは、余分な熱を発生させない事に繋がります。
つまりは、無駄なエネルギーを消費しない為の省エネやエコの観点でも、保温工事は行われております。
2024年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る