本文へ移動

板金工事

板金工事

熱絶縁の為に施工した保温材類は、水分や紫外線にとても弱いので屋外設備では劣化が進み配管やダクト事態にも腐食や塩害といった事になります。そのためには金属製の外装材を施工することによりそういった被害を防ぐことになります。また屋内設備に板金工事を施工することによって繊維質の断熱材の劣化による飛散などを防ぐことが出来ます。
2024年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る